リボ払いの罠にはまる前に知っておきたいポイント

リボ払いとは、クレジットカードの支払い方法の一つです。
通常の一括払いではなく、毎月の支払い金額を分割することができます。
しかし、リボ払いには慎重になる必要があります。なぜなら、リボ払いは高金利がついており、長期間にわたって支払いを続けると総支払額が膨れ上がってしまうからです。

そのため、一括返済ができるならば、リボ払いは避けるべきです。

では、なぜリボ払いをする人がいるのでしょうか?それについて詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

リボ払いの仕組み

リボ払いとは、リボルビング支払いという、クレジットカードの支払い方法の一つです。
月々の支払額を少額に抑えることができる反面、利息が発生し続けま。。

リボ払いでは、毎月一定額を支払うことで利用できる限度額が回復し、再び利用することができます。

リボ払いの特徴

リボ払いの特徴は以下の通りです。

1. 月々の支払額を少額に抑えることができる。

2. 利用限度額が回復するまで、利用できる金額が制限される。

3. 利息が発生し続けるため、返済期間が長くなると総支払額が増える。

4. 一括返済をすれば、利息を抑えることができる。

リボ払いの金利

リボ払いでは、利息が発生するため金利がかかります。
通常のクレジットカードの金利と比べると、リボ払いの金利は高めです。
年間10~20%となっています。これでも過去に比べれば下がっています。

具体的な金利は、クレジットカード会社や契約内容によって異なります。リボ払いを利用する際には、金利や返済計画を注意深く考えることが重要です。

まとめ

リボ払いでは日割り計算されるため、実質的な金利は高くなります。
リボ払いを利用する際は、金利の高さに注意が必要です。
リボ払いは、一括返済と比較して金利が高くなるため、長期的に利用すると返済額が膨れ上がる可能性があります。

利用する際は、自分の収入や返済計画を考慮し、適切な返済方法を選ぶことが重要です。
リボルビング支払いは、一見便利な制度ですが、その仕組みや特徴を理解すると、その愚かさが見えてきます。

高額な品をリボルビング払いで購入した場合、高い金利がかかるため、返済が長期化し、利息を多く支払うことになります。
リボ払いは避け、一括購入することをおすすめします。

コメント